一般の会社員であれば、会社の経理部や総務部等が年末調整を行い、1年の所得税の計算は終了します。しかし、個人経営者や貸家など不動産収入を得ている人は確定申告が必要です。

収入が少ない場合は問題ありませんが、複式簿記が必要な膨大な情報を処理しなければならない場合は、税理士など税務会計のプロに確定申告の代行を依頼する方が良いでしょう。自分で計算するなどして経費削減を行うことも重要ですが、将来的に税務調査を受ける可能性がある場合、修正申告など余計な税金を支払わなければケースもあります。

日々の経理はもちろん、月次の試算表作成などをプロの第三者の立場からチェックしてもらうことは非常に重要です。また個人事業者でも売上高が1000万以上であれば消費税の課税事業者となります。専門的な税務の知識が必要になりますので、税項目のチェックだけでも代行を依頼する方が賢明です。

最近は、決算までの一連業務をワンパックで行うだけでなく、依頼者の要望に応じて様々なサービスをスポット的に提供している税理士・会計事務所が増えています。弁護士や司法書士、行政書士などと提携して法人化している事務所もあります。自分のニーズと予算に合わせて、優秀な税務会計のパートナーを探すことが重要です。

確定申告 代行 サービス

お探しの記事は見つかりませんでした。

検索キーワードを変更し下記より再検索してください。


サブコンテンツ

このページの先頭へ